ブログおもろ〜!ブログの始め方|超簡単に20分で完成!詳しくはこちら

ブログ記事を早く執筆する5つのコツ【ライティングが加速!】

相談者

ブログ記事の執筆に時間がかかってしまいます。早く書くコツを教えてもらえますか?

しょとう

それでは、ブログ記事を早く執筆するコツは紹介していきますね。

こんなお悩みに答えていきます。

本記事の内容

・ブログを短時間で書く理由

・ブログ記事を早く書く5つのコツ

・記事を早く書いてリライトする

この記事を書く僕は、これまで100記事以上書いてきたブログ歴2年目のショトウ(blogjima_shoto)です。

本記事では、ブログ記事の執筆を最速で早く書くコツを紹介していきます。


僕のように、本業をしながら記事執筆をしていると時間に限りがある方も多いと思います。


その中で、時間が取れずブログを挫折してしまう方を数多く見てきましたので、この記事を参考にして執筆スピードを上げるて挫折を防ぐ方法をお伝えします。


結論、記事の執筆はコツを掴むことで大幅に執筆スピードが早くなります。

時間が無いからこそ、効率よくブログ記事の執筆をしていくことで、継続率も上がるのでコツをしっかり理解していきましょう。


そこで今回は、ブログを短時間で書く理由と早く書く5つのコツ、リライトの重要性について紹介していきます。

目次

ブログを短時間で書く理由

ブログを短時間で書く理由は、以下の3つが考えられます。

①記事を書く時間がなく挫折の原因を防ぐ

②ブログ習慣を身につける。

③ライティング力が上がる

それでは1つずつ解説します。

記事を書く時間がなく挫折の原因を防ぐ

日本人はそもそも働きすぎな方が多いので、副業でブログを始めると時間がなく挫折の原因となります。


本業がどうしても優先となってしまうため、現実的にはこの壁がいつも立ちはだかります。


ここで見直すことが必要なのは、時間の使い方です。

しょとう

僕の時間の使い方は下記のとおりです。


実際の事例を、僕の1日の時間割を「本業のある日」と「休みの日」で紹介します。

●本業のある日の時間割

・5:00  起床
       ブログ&Twitter

・7:00  仕事の準備

・7:30  仕事へ出勤

・18:00 自宅へ帰宅・家族団欒

・20:00 ブログ&Twitter

・22:00 就寝

本業のある日の時間確保は、1時間〜3時間はブログとTwitterの時間を確保するようにしています。

続いて、休みの日の時間割です。

●休みの日の時間割

・5:00  起床
       ブログ&Twitter

・7:00  ウォーキング

・8:00  家族との団欒

・20:00 ブログ&Twitter

・22:00 就寝

本業の日も休みの日も1日のスケジュールは変えないことは、時間の習慣を身につける上で効果があります。


しかし、これだけの時間を作るには、仕事内容、職種によって時間の確保が取りずらい場合が、多いと考えられます。


多くのサラリーマンが、この壁で挫折するので、朝の1時間だけでも時間を確保するから始めてみることをおすすめします。

しょとう

最初は朝の時間を活用することに抵抗がありましたが、早起きの習慣を3ヶ月で身に付けるとあとは自然と時間の確保ができるようになりました。

②ブログの習慣化を身につける

どんなにブログを書きたいと燃えていても、1度更新がストップしてしまうと習慣化も途絶えます。


なので、記事を書くことだけにとらわれ、時間をかけ過ぎると、継続がストップしてしまうのです。


人の本質からして、人間の習慣化しない原因は、「現状維持バイアスのせい」と言われています。

現状維持バイアスとは・・・
ハーバード大学ケネディスクール教授のリチャード・ゼックハウザー氏が提唱した言葉です。

◎変化を受け入れたくない。今のままでいたほうが楽で安心。だから、新たな行動を習慣にするのを避けてしまう。

ということが人間の本質です。


しかし、いっぽうで新たな習慣を手に入れるには、一定期間の継続で脳はその行動を維持したくなるとも言われています。


僕の場合、最初の3ヶ月が1番苦しい時期が続きましたが、3ヶ月も過ぎると苦でなく、逆に楽しくなりました。


ここまできたら、こっちのものです。


1日2時間とか3時間とか高い目標でなく最初は30分でもいいので、続けるクセをつけていきましょう。


習慣化を身に付けるには・・・

①目標を低く設定する。

②完璧主義をやめる。

③長期的に取り組む。


この3つが必要です。

③ライティング力が上がる

記事を書くことでライティング力は上がります。

本や勉強(インプット)を数多くやるよりも、短時間でライティングをするほうが圧倒的に文章力は伸びます。

例えば、だらだらと他の作業をしながら書いた記事よりも、集中して書いた時の記事のほうが、質が高いに決まっています。


ライティングスキルは、【勉強⇨記事を書く】となると非常にサイクルが遅くなるので、【記事を書く⇨勉強しながらリライト】のサイクルのほうが早く書ける秘訣です。


大事なのは、書くこと、書きまくることが上達する上で必勝パターンとなります。

ブログ記事を早く書く5つのコツ

それでは、さっそくブログ記事を早く書く5つのコツを紹介していきます。

文章を早く書く5つのコツ

①文章の全体像をイメージして構成する

②文章の型(PREP法)を用いる

③時間を決めて、手を止めない

④細かいことに気にしないで書く

⑤文章の執筆に慣れる

①文章の全体像をイメージして構成する

記事を書く前に全体像をイメージしておくと、途中で止まったりせずスムーズに記事を書き出すことができます。


なぜなら思いつきで書いてしまうとゴールを見失い、読者に伝わらない記事内容になってしまうからです。


そのため、書きたい記事が決まったらゴールを見据え、誰にどんな内容を伝えていきたいか?誰の役にたつ記事を書きたいか?など文章の全体像をイメージして構成しておきましょう。

しょとう

文章全体の構成を最初にイメージしておくと執筆のスピードも上がり記事作成に集中できます。

②文章の型(PREP法)を用いる

文章には伝わりやすい型があります。


それは、文章のプロが使っている型(PREP法)です。


簡単にいうと、「結論⇨理由⇨具体例⇨まとめ(再度結論を述べる)」の順に並べて文章の型を用いること。

型(PREP法)の英語を日本語へ置き換えると下記となります。

P(Point)=結論
R(Reason)=理由や根拠
E(Exanple)=具体例(事例や方法)
P(Point)=まとめ(再度結論)


ブログを書くときに、文章のプロが使っているPREP法を用いてみるとグッと書きやすくなります。


イメージはこんな感じです。

文章のプロが使っている型(PREP法)

記事のタイトル
⇨導入文

見出し①
本文⇨要点【結論】

見出し②
本文⇨理由や根拠

見出し③
本文⇨具体例(事例や方法)

見出し④
本文⇨再度結論(要点)で話をまとめる


見出しや文章の構成を苦手としている方や時間がかかる方は、文章の型を身につけるべき・・・。

しょとう

なにごともマネから入ると文章も上手くなります。文章のプロが使っている型をマネて記事スピード、ライティング力をアップしていきましょう!

③時間を決めて、手を止めない

いざ記事を書き始めると装飾にこだわったり、画像挿入したり、文章をかかずに他のことに気をとられます。


ここで大事なのが、時間を決めて記事執筆だけに集中して時間を使うということ。


装飾や画像挿入は、記事を書き上げてからの作業で全然OKです。

1時間で1,000〜2,000文字の記事を書けるだけでも十分優秀です。
よって、1時間でどれだけ書けるかを自分の中で把握しておくだけでも、1記事にどれだけの時間で書き上げれるかの目安にもなるので、時間を計算してみることもおすすめです。

しょとう

誤字脱字、文章表現、レイアウトなど書いていくうちに気になりますが、ある程度構成が決まったら、一気に書き上げましょう!

④細かいことを気にしないで書く

記事を書いていると、あらゆることに気になり、その都度、修正していると記事のスピードが上がりません。


ブログの良いところは、後で何回も修正をすることができる点です。


もちろんミスをしないに越したことがありませんが、書く時には勢いも必要です。


書く内容が決まったら、最後まで書ききって、画像挿入や装飾、内部リンクを盛り込んで記事の完成です。

しょとう

記事を書くことに専念することで、圧倒的に記事スピードはアップしますよ。

⑤文章の執筆に慣れる

文章は書けば書くほど、記事スピードがあがることは言うまでもありません。


1記事目のブログと100記事目のブログどちらが、記事スピードが早いかというと明らかに100記事目のブログ記事のスピードです。


ただし注意点として、毎日もしくは定期的に記事を書いていかないと記事スピードは上がらないということです。


どうしても1ヶ月間あけてしまったあとの記事は、勘を取り返すまで時間がかかってしまいます。


そのため、日頃から30分でも継続し文章になれることで、自然と文章力もあがり記事スピードも飛躍的にアップします。

記事を早く書いてリライトをする

ブログは修正を何度もできる優れものです。


SEO対策としても、リライト(手直し・修正)は効果的です。


記事は、書きっぱなしが一番よくないので、記事を書いたら定期的なリライトがおすすめです。


そのため文章を一気に書くことは後で修正をすると思って書くとスピードも上がりますし、気持ちも楽に執筆できます。

しょとう

リライトは定期的な記事のメンテナンスとしておすすめです。可能なら1ヶ月に1回今まで書いた記事を見直してみましょう!

まとめ

今回は、ブログ記事を早く執筆する5つのコツ【ライティングが加速!】を紹介してきました。

記事のまとめ

・ブログを短時間で書く理由
①記事を書く時間がなく挫折の原因を防ぐ
②ブログの習慣化を身につける。
③ライティング力が上がる

・ブログ記事を早く書く5つのコツ
①文章の全体像をイメージして構成する
②文章の型(PREP法)を用いる
③時間を決めて、手を止めない
④細かいことに気にしないで書く
⑤文章の執筆に慣れる

・記事を早く書いてリライトする

文章を書くコツを身に付けるとライティングが苦手な方でも記事を書けるようになるでしょう。


上達のコツは書くことで自然と上達していきます。


装飾やレイアウト、画像など、こだわればこだわるほど記事の執筆に時間を要してしまいます。


こだわりは大事ですが、文章力をあげるにはコツを身につけて書くことに専念していきましょう。

しょとう

文章のコツを身につけることで、書くことが好きになればこっちのものです。楽しく記事を書いていきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

しょとうのアバター しょとう ブログ運営者

【ブログに役立つノウハウ×暗号資産ブログ】ブログ歴2年目|2021年3月START→ブログ100記事更新で収益0円→全て削除→2021年11月再スタート→総収益1万達成←いまここ|給料の10%とブログ収益で仮想通貨に投資中!堅実に米国株・投資信託も給料10%運用|読書好き・ブログ好き・暗号資産好き・米国株好き|

コメント

コメントする

目次
閉じる