ブログのライティング技術を上げるためには?比較系コンテンツを作成しよう!

ショトウ
ブログで商品を販売する場合には、比較系のコンテンツを作ることが、他サイトとの差別化に繋がり、売上につながりやすくなります。
•ブログで商品を販売するコツを知りたい
•ブログで商品を販売しているが売れない
•比較系コンテンツの作成方法を知りたい
この記事ではそんなあなたに書いています。
結論、ブログで商品を販売するためには、比較系コンテンツを作成することで商品の販売につながります。
ネットやブログで何かを購入しようとしている読者が求めているのは、「どのようにして商品を選んだらよいか?」という情報を知ることです。
極論、調べにきた読者には、「この商品がおすすめですよ」と教えてくれる仕組みさえあれば、後押しとなります。
読者は、商品選びを後押ししてくれる情報やノウハウを活用して、自分に必要な商品を決めようとします。
言い換えれば、それらの情報やノウハウとは、読者の買い物を手助けしてくれる「ユーティリティ(機能)」であり「ツール」だといえます。
つまり、比較系コンテンツを作成する場合は、その記事が読者にとって便利な【ユーティリティ】であり【ツール】になっているかを考える必要があります。
ここでは、ユーティリティとして機能するために、比較系コンテンツに必要な要素をあげていきます。
それではどうぞ!

①比較系コンテンツに必要な要素

②比較系コンテンツの成功例

③比較系コンテンツを作る際の注意点

④まとめ

①比較系コンテンツに必要な要素

1.どのブログよりも、読者が知りたい情報に素早くアクセスできる(利便性が良い)

(例:情報が整理された上で配置されており、どこにどんな情報が書かれるかがすぐにわかる。)

 

2.どのブログよりも、見やすく、わかりやすく情報を発信している

(例:読者の脳に負担がかかるような難解な言葉を使わずに、誰でも簡単にわかるようなカンタンな表現を使っている。また文字の大きさや文章の行間にも配慮している)

 

3.どのブログよりも、情報が新しいコンテンツ

(例:商品情報が更新されたときには、どのブログよりも早く情報を更新し、そのブログへ行けば最新情報が得られると評判をもらう)

 

4.どのブログよりも読者が知りたい情報に的確に返している

(例:ほかのページで情報を収集する必要がないくらい、詳細が存分に書かれている)

 

5.どのブログよりも、読者が抱えると思われる「疑問」や「悩み」に関して「先回り」して答えを返している

(例:商品比較を行う中で発生するであろう「悩み」と「疑問」に先回りして回答している)

 

6.どのブログよりも信頼できる

(例:誰がこのブログを作っているのか、存在を明らかにした上で、「なぜ、この記事に書かれていることに信頼があるのか?」といった理由をハッキリとわかりやすく伝えている)

②比較系コンテンツの成功例

比較系コンテンツはブロガーがどんな思いで情報発信するかによって記事が変わります。

言い方を変えると、そのブロガーの「ポジショントーク」といえるかもしれません。

 

ポジショントークという言葉はイメージが悪いかもしれませんが、読者の購入などの判断を左右する情報を発信するブロガーは、強い思いをもって独自のポジションで情報発信する必要があります。

 

中途半端な思いで商品やサービスを勧めても、勧められたほうが混乱してしまいます。

 

なので、何かを勧めたり、比較する際には、ブロガーの思いが読者に伝わるかどうかを意識しましょう!

 

一番まずいのが、自分自身がその商品を気に入ってもいないのに、お金のためだけに商品を勧めたりする行為です。

 

こういうことを繰り返すと、あなたの信用はガタ落ちし、良い商品を勧めても誰の心にも響かなくなるので、注意が必要です。

 

自分自身で実際に使用してみて感動したものを勧めていきましょう。

 

続いて比較系コンテンツを作る際の注意点を理解しましょう。

③比較系コンテンツを作る際の注意点

比較する上では、ある程度の客観性も必要になります。

 

たとえば、ある商品を購入したいと考えたとき、目の前の1社の商品だけをしつこく販売する店員がいたら後ずさりしたくなりますよね。

 

読者は「自分で選んだ感」を求めるものです。

 

人から良い商品だからと勧められたとしても、自分の頭の中で納得してから商品を買うという行動にうつすのです。

 

そこで、下記の点に注意してください。

1.なぜ、その商品が良いのか?という理由を、誰もが納得できる論理や根拠を元に作成する

(なぜ、その商品が良いのか?という理由を、読者が理解できる言葉で論理的に紹介します。)

 

2.情報の「客観性」を大事にし、ひとつの商品だけを不自然に勧めない

(一方にかたよらず、いろんな視点をもち物事を俯瞰して商品を勧める。競合商品の粗ばかりさがすのではなく、良い点も見つけ、その良い点も伝えてあげる。そうすることで読者から信頼を得ることができ評価をうけ、購入という行動にうつしてもらえる)

④まとめ

ブログ内で、商品を販売するために一方的に一つの商品のゴリ押しでは販売にはつながりません。

 

大事なことは、自分が納得して良いと思ったことを紹介すること。

 

それと他の競合商品とどこが違うのか良いことを悪いことも、包み隠さず紹介すること。

特にこの2つです。

 

読者は商品を買うことに失敗をしたくありません。それは誰もがそう思います。

 

つまり成果の出る比較系コンテンツを作成する際には、その記事が読者にとっての便利な「情報」であり「ツール」である必要があるのです。

 

本記事のワードプレステーマ
最新情報をチェックしよう!
 data-src=最強のWordPressテーマ「THE THOR」" width="1280" height="768" >

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

ブログ×本業を継続することで、どんな頂きが見えるか挑戦していくため、選んだWordPressテーマ【THE THOR】ザトール! ブログ島「ショトウ」が推薦する継続のための最高のテーマ。 テーマに悩んでいる人は、ブログを最高に楽しむためにつかってみて!詳細は下記のリンクから。

CTR IMG