ブログ読者が読みたくなるライティング!キーワードは【分かりやすく簡単に!】

ショトウ
ブログ読者が読みたくなる文章を書くためのテクニックを紹介します。
•良い文章を書いているのに全然読まれない
•読者が読みたくなる文章が分からない
•ブログ初心者
この記事ではそんなあなたに書いています。
結論からいうと、ブログ読者が読みたくなる文章は、読者が読みたくなる文章理解して書けば良いだけです。
ここでは、読者が読みたくなるテクニックと読者が読みたくなる文章を書くことは、Googleが大切にしている「ユーザー」の利便性にもつながります。
なので、SEOにおいても良い効果を発揮します。
それでは、読者が読みたくなる文章を書くためのテクニックを紹介します。
それではどうぞ!

文章をよんでもらうために必要な2つのテクニック

文章をよんでもらうためには以下の3つのポイントを理解しましょう。

①伝えたいことが伝わるように、「見やすさ」と「わかりやすさ」にこだわる

②感情表現を入れて、共感を得る文言にこだわる

③まとめ

①伝えたいことがわかるように、「見やすさ」と「わかりやすさ」にこだわる

文章を読むときには脳を使います。理由は、視覚要素の多い映像やマンガと違い、文章は文字を自分の脳で噛みくだく必要があるからです。

 

文章を読むときに読者は脳の中にある知見や記憶によって変わってくるほか、脳への負担具合で変わってきます。

 

脳への負担が少なければ、脳は自由な発想ができるため、想像力豊かなイメージを作り出すことができます。

 

しかし脳への負担が多ければ、脳はイメージを作り出すことが困難となり、考えることをやめてしまいます。

 

なので、文章を書くときは、読者の脳に負担をかけないような、「見やすさ」と「わかりやすい」文章にこだわる必要があります。

では、どのように文章を書けば良いか紹介します。

 

私たちの脳はふたつの思考パターンを理解しておけば、見やすくて分かりやすい文章にすることは簡単なのです。

①システム1
脳への負担を減らすために自動的に高速で動く思考。物事を直感的に理解しようとする思考。②システム2
複雑な計算など、注意力を要する作業が必要な際に、慎重かつゆっくりと動く思考。物事を論理的に理解しようとする思考。引用:ダニエルカールマン氏が書いた『ファスト&スロー』という書籍から。

カールマン氏は、人間の意思決定行動の多くは、その人の過去の知見や経験をベースに、直感的に決定されていると言っています。

 

そして、意思決定で使われる知見には、DNAレベルで人間の脳に刻まれているものもあると言っています。

 

人間の脳には昔から進化の過程において、物事を素早く判断することに重点をおいてきたと言われています。

 

食糧を得るために獣を狩らなければいけない時代、こちらが獣を狙うのと同じように、獣もまた人間をいち早く察知し、回避するための瞬発的な思考でした。

 

一瞬の判断ミスが命を失います。危機が迫ったときに、ゆっくり考えている暇などありません。

なので、当時の人間の脳は、一瞬で物事を判断できるように進化してきました。

 

それが「システム1」のという思考です。

 

結果、どれだけよい文章でも見た目がダメなら、それだけで読んでもらえないのです。

 

「システム2」については論理的に理解しやすい(わかりやすい)文章になっているかが重要です。

 

この「システム1」と「システム2」のバランスこそが文章作成のキーポイントになります。

②感情表現を入れて、共感を得る文章にこだわる

共感とは、相手の考え、感情が自分もその通りでだと感じること。

 

読者が共感した文章は、読者にとっての自分事となるため、「この文章は自分に関係あるな、なら読もうかな」という心理となり、文章を読んでもらえます。

 

ただし、読者に共感してもらうためには、まずはこちらから感情を伝える必要があります。

 

ではどのように伝えると良いか紹介します。

①その感情は誰の感情なのかが伝わるように、誰の感情なのかをあきらかにする

②どこが感情表現なのかが、わかりやすいような(!・?・♪)などの記号を入れる

はじめに大事なのが、その感情は誰の感情なのか?人物像をはっきりさせることです。

 

その人物が具体的であればあるほど、説得力をもち、共感されやすくなります。

なので、共感を誘発するために大事なことは、感情の人物が誰なのが「情報」をできるだけ多くつたえることです。

 

その情報をしっかり伝えることができれば、人物が匿名でも問題はありません。

 

現在、ネットには匿名で記事が書かれていても読者にたくさんの共感を得ているブロガーも多く目にします。

 

匿名の強みは思ったことをはっきり伝えれること。普段は見せない感情でも、匿名であれば、実生活に影響はありません。

 

実名が出せない人は、匿名でも問題ありません。

そして次に大事なことがわかりやすいような記号などを使うことです。

 

たとえば、文章を書くときに、感情をだすために「」(カギ括弧)を使います。

 

これは文章の中に「話し言葉」に見えるため、感情が伝わりやすくなります。

 

また文末に感情を表す記号や場合によっては顔文字も効果的です。

④まとめ

結論をいうと、ブログ読者が読みたくなる文章は、読者が読みたくなる文章理解して書けば良いだけです。

 

①伝えたいことが伝わるように、「見やすさ」と「わかりやすさ」にこだわる

②感情表現を入れて、共感を得る文章にこだわる

 

この2つをブログ記事作成に取り入れることで、読者が読みたくなる文章に生まれ変わります。

 

ブログのライティングを学んで楽しいブログライフを送りましょう!

 

本記事のワードプレステーマ

 

最新情報をチェックしよう!
 data-src=最強のWordPressテーマ「THE THOR」" width="1280" height="768" >

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

ブログ×本業を継続することで、どんな頂きが見えるか挑戦していくため、選んだWordPressテーマ【THE THOR】ザトール! ブログ島「ショトウ」が推薦する継続のための最高のテーマ。 テーマに悩んでいる人は、ブログを最高に楽しむためにつかってみて!詳細は下記のリンクから。

CTR IMG