仕事で夢がある人の特徴!20代から知っておきたい行動マインド20選

  • 2021年5月26日
  • 2021年9月23日
  • 仕事術
ショトウ
20代から夢を叶える行動マインドを理解しておくと、人生楽しくなります。

 

この記事では、20代から知っておきたい行動マインド20選を紹介します。

 

結果、この行動を理解して実践すると、仕事で夢を叶えること人生で夢を叶えることに近づきます。

 

これまで、多くの20代を採用、教育してきた経験から、仕事でのキャリアアップを図るために、必要な行動マインドをまとめました。

 

今、壁にぶち当たっている人どうして良いか分からない人に参考にしていただくと嬉しいです。

 

それではどうぞ!

20代から知っておきたい行動マインド20選

20代から知っておきたい行動マインド20選

1.プラス思考

2.勉強熱心で努力家

3.早起きができる

4.素直である

5.他人に優しい

6.感謝の気持ちが強い

7.本を読んでいる

8.根拠のない自信を持っている

9.人がやりたがらないことをやる

10.ビジネスプランが明確

11.夢は必ず叶うと信じる

12.夢を叶えるまでの納期を決めている

13.行動しながら準備をする

14.さまざまな新しいことに挑戦する

15.失敗を経験と理解している

16.自分が将来なりたくない姿を想像している

17.人の成長をサポートする

18.人当たりがよく、良き指導もできる

19.自己評価を高めることができる

20.コツコツとお金を貯めている

1.プラス思考

どんなに勉強ができても、仕事ができても、全て上手くいくとは限りません。

 

上手くいかない時にどのようなマインドになるかが重要です。

 

仮に、マイナス思考の場合、どんなに仕事ができても、些細なことで失敗した時、すぐに切り替えることが出来れば、問題ないのですが、切り替えが出来ない時にマイナス思考の人は、ストレスを感じます。

 

行動していく上で、「ここまでして、やってしまったことはしょうがない」開き直れるかどうかが、プラス思考には、必要の行動マインドです。

 

2.勉強熱心で努力家

仕事を始めたら、学生時代と違い、学習時間が大幅に激減します。

 

総務省統計局が2016年に実施した「平成28年社会生活基本調査」では社会人の勉強時間の平均1日たったの6分です。

 

かなりの衝撃です。

 

私が、教育している新入社員も、ほとんどの人が、家での勉強をしていません。

 

でも、私は研修の中で、必ず伝えることが、「社会人になってからが、勉強は必要だよ!」と指導しています。

 

2016年にビジネス誌「プレジデント」がビジネスパーソン1,000人に行ったアンケートで平日に勉強している時間を答えたものです。

平日に勉強しているビジネスパーソンの勉強時間

結果は、年収2,000万円と年収500万円の人を比較すると人が次のことが分かります。

年収が高い人が勉強している。

年収が低い人7割は1時間以下の勉強時間である。

1時間以上の勉強すると年収が高い人の5割以上、年収が低い3割以上に入る

すなわち勉強することは自分の夢に近づく可能性がある行動マインドになります。

 

3.早起きができる

時間に余裕を持って早起きし成功している経営者は非常に多いです。

 

早起き習慣を身につけると効果的な1日を過ごすことができます。

 

私も毎朝5時には起床し、ブログやウォーキングをして仕事に出勤します。

 

出勤時間もまわりよりも30分程、早く出勤してメールチェックや情報収集をしています。

 

世に出る成功者や夢を叶える人は、朝活を身につけ早起きをマインドを身につけています。

 

4.素直である

断然、素直な人は成長スピードが早いです。

 

吸収する姿勢、前向きな姿勢、今まで20代を多く教育してきましたが、はやくから責任者に昇格したり、評価が高かったり、仕事で上手くいかせるためには、必要な要素です。

 

自分は、素直じゃない人は、他人の話を聞けていません。

 

自分を変えたい人は、最初に人の話しをきちんと聞くことから行い、行動マインドを高めましょう!

 

5.他人に優しい

他人に厳しく、自分に甘い人が世の中に蔓延しています。

 

他人に優しく、自分に厳しくできる人が、夢に近づく行動マインドです。

 

他人に厳しくすることは、仲が悪くなったり、チームワークがとれなかったり、悪い循環になりかねません。

 

自分に余裕がある人ほど、他人には優しくできます。

 

あなたの為なら応援するよって言ってもらえる行動マインドを身につけましょう。

6.感謝の気持ちが強い

仕事をする上で、人との関わりは無くてはならないものです。

 

仕事を教えてもらった先輩や助けてもらった同僚など、常に感謝の気持ちを持つことは、ビジネスを行う上で大事な要素です。

 

人を簡単に裏切ったり、不義理な付き合いをするといずれ後悔することが起きるでしょう。

 

ありがとう」という気持ちを常日頃もち、感謝の気持ちを持つことで、自分の気持ちも良いマインドになります。

7.本を読んでいる

「国語に関する世論調査」で本を読む人、本を読まない人の割合を文化庁が2019年に実施しました。

 

結果、本を読む人は全体の52.6%本を読まない人47.3%です。

 

日本は本を読まない人の割合で、世界的に見ても高く、先進国30カ国の中最低レベルです。

 

この数字をプラスに捉えると1年間で1冊、本を読むだけで全体の50%に入れることが分かります。

 

私も1ヶ月に10冊程度、本を読むようにしています。

人に教える前に、自分が知識がないと説得力も生まれません。

 

目的に応じて、本を読むと、課題や悩みが解決したり、新しい知識が習得できたりと、良いことしかありません。

 

本を読むのが、苦手な人も、最初は簡単な自己啓発本を読んで、慣れてきたら経済の本など少し難しい内容も読んでみましょう。

 

本を読まないと確実に人生損します

 

本を読む、行動のマインドを身につけましょう!

8.根拠のない自信を持っている

陰で努力している人は、どんな状況下でも自分に自信を持っています

 

根拠がないというよりも、ここまでやってきたから、他の人には負けない努力をしてきたからと、強いエネルギーを身につけています

 

最初は、自信がない人も、1つでも何かを極めた人これだけは誰にも負けないものを持つと自身の強みとなり、自信を持てるようになります。

9.人がやりたがらないことをやる

誰もが挑戦しないこと、行動をしたがらたがらないことを愚直に行う人ほど、夢に近づきます

 

誰もが、面倒くさくてやらない分野だからこそ、ビジネスチャンスが眠っていたり、時間をかけて研究をすることでやりたくないことがやりたくなるマインドになり、爆発的に行動をうつすことができます。

 

日常でも、掃除や片付け整理整頓を誰よりも、率先して「ここまでするか」と思うまで、やり切るとその先に本質をみえてきます

10.ビジネスプランが明確

1年、3年後、5年後、10年後に自分がどうなりたいか?を明確にしている人ほど、夢が叶う人確率が高くなります。

 

私は、いつも研修の中で、新入社員に自分のなりたい姿を明確にする時間を作ります。

 

具体的に、目標が明確な人ほど行動もより明確な行動マインドを身につけています。

 

もしなりたい姿が思いつかない人は、なりたくない姿を明確にし、ならない為の行動を明確にして行動しましょう。

11.夢は必ず叶うと信じる

誰もが幼い頃にこうなりたいという憧れを持っていたと思います。

 

年を重ねるごとに、現実がみえてきて夢みたことも諦めている人も少なくありません。

 

でも、必要なことは、夢は変わったとしても、新たな夢を見つけて叶うと信じて行動することです。

 

夢がなくなった時人の成長も止まりますし、行動もしなくなります

 

満足していない人は、今からでも遅くありません。

新しい夢を創造して、突き進みましょう!

12.夢を叶えるまでの納期を決めている

新たな夢を見つけた時に、3年後こうなりたい!5年後こうなりたい!と自分の夢に向けたゴールを決める必要があります。

 

例えば、営業成績を3年後にトップを目指したいなら、まずはトップの人の営業成績、年間30件を目標にします。

 

1年後10件、2年後20件、3年後30件とゴールから逆算して目標設定を行う必要があります。

 

営業職以外にも、目標を見つけて、○年後にどうなりたか具体的なゴールを決めると行動マインドも魅力的に変わります。

13.行動しながら準備をしている

考えすぎる人が陥りがちなのが、準備に時間がかかり行動ができないこと、良い準備をしようと多くの時間をかけて、準備に満足して行動できていない人も少なくありません。

 

行動しないと何も生まれませんし、変わりません。

 

まずは行動しながら、必要なものに応じて、改善することで見える世界が変わります。

14.さまざまな新しいことに挑戦する

気づいた時に1つのことに集中するだけでなく、多種多様に挑戦することが必要です。

 

自分にあう仕事や副業、趣味、特技など、何が合うか分かりません。

 

今まで、やってきたことで、芽が出なかったことも、今やると芽が出ることもあるかもしれません。

やれることを棚卸しして、色々なことに挑戦してみましょう!

15.失敗を経験と理解している

仕事を進めていくうちに困難なことや失敗もでてきます。

 

失敗を恐れて、進める自分の成長のスピードは止まります

 

夢がある人は、失敗の経験は必ずあると理解して行動しています。

 

行動しないと何も始まらないことも理解しています。

 

失敗も自分の糧になることを理解して行動しましょう!

 

16.自分が将来なりたくない姿を想像する

自分がなりたい夢が思いつかない人は、将来なりたくないことを想像して書き出してみてください。

 

例えば、将来、お金には苦労したくない、人に嫌われる人生を送りたくない、1人ぼっちでいたくなど、自分がなりたくないことを書き出すと、書きやすいかもしれません。

 

書き出してみて、ならないためにどうするかを考えることで、自分がなりたいことが浮き彫りになります。

 

浮き彫りになったなりたくない姿の反対がなりたい姿になるの、書き出して行動してみましょう。

17.人の成長をサポートしている

夢がある人は、自分だけでなく、人のサポートをすることも大事にします。

 

自分だけでは、何もできないことを知っていいます、

 

有名著書の「嫌われる勇気」でアドラーの心理学でも他者貢献の大事さも説かれています。

【他者貢献】の意味

仲間である他者に対して、なんらかの働きかけをしていくこと。 貢献しようとすること。

 

こうした善行を習慣的に繰り返す人は「私は人に優しくできる人」と自分に対してポジティブな自己イメージが膨らんでいくと思います。

 

つまり、親切をすればするほど、自分がどんどん好きになるというサイクルが回り始めるということです。

 

他者貢献は結局自分を引き上げていくということですね。

 

アドラー心理学に興味がある人は、紹介しておきます。

 

私も読みましたが、注意点は、普段本を読まない人にとっては少し難しい内容かもしれません。

 

18.人当たりが良く、良き指導者もできる

明るい人の周りには、たくさんの人が集まってきます。

 

普段から、人の悪口をいったり、相手を厳しくしている人の周りには、相談も来ませんし、1匹オオカミのように、孤独感を味わいます。

 

憧れの存在だったり、適切な指導によって、コミュニケーションを上手にとることで指導者としての力を発揮することができます。

19.自己評価を高めることができている

夢を叶えるために仕事をしている人は、自己評価が高めることができ、自己肯定感が高いです。

 

自己肯定感とは・・

自己肯定感とは、自分自身を価値のある存在として肯定できる感情のこと。他人からの評価ではなく、自分が自分自身をどう捉えているかによって決まる感覚です。自己肯定感は、自尊心、自己存在感などと同じような意味として用いられることがあります。

20.コツコツとお金を貯めている

夢を叶える人は、お金を道具として捉えています。

 

自己実現するたに、お金の存在はきってもきりはなせません。

 

お金の必要性を気づけた人は、コツコツとお金を貯めて精神的なゆとりや経済的自由を目指しながら、夢に向かって行動しましょう。

 

経済的自由とは、簡単にいうと働かなくても生活できる資金があること

まとめで紹介していますが、「お金の大学」両学長の本に詳しく記載されています。

 

2020年 楽天ブックス年間ランキング1位になった本です。

 

読んでない人はご覧ください。

まとめ

ここまで、仕事で夢を叶える人の特徴をまとめてきました。

20代から知っておく行動マインドにおいては、どれも必須となります。

 

今は出来ていなくても、ひとつずつ実現することで、考え方や行動も変わり、仕事が楽しくなるでしょう。

 

今後はもっと詳細にブログ記事で紹介する予定です。

 

最後に、先程紹介した、両学長の「お金の大学」です。

 

20代で読んでない人は、読んだ方がいい優良本です。

私も20代のうちに読んでおきたかった・・・!

 

この記事のワードプレステーマ
最新情報をチェックしよう!
 data-src=最強のWordPressテーマ「THE THOR」" width="1280" height="768" >

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

ブログ×本業を継続することで、どんな頂きが見えるか挑戦していくため、選んだWordPressテーマ【THE THOR】ザトール! ブログ島「ショトウ」が推薦する継続のための最高のテーマ。 テーマに悩んでいる人は、ブログを最高に楽しむためにつかってみて!詳細は下記のリンクから。

CTR IMG