【仕事が楽しい人の共通点】ちょっとしたことで落ち込まない

  • 2021年4月27日
  • 2021年9月23日
  • 仕事術
ショトウ
ちょっとしたことで落ち込んでしまうことはありませんか?落ち込まない理由を知って落ち込みグセを直しましょう!

・落ち込みグセがある

・くよくよしたくない

・仕事を楽しくしていきたい

この記事ではそんなあなたに書いています。

 

私自身も20年近く、仕事をしてきて悩んだり、苦しんだりしてきました。

 

全然、人生楽しくなかった時期も経験しています。

 

でも今は違います!

 

落ち込まない具体的な方法を知ったことで、落ち込むことがなくなりました。

 

人生の中で、仕事はきってもきれません。

 

結論、落ち込みグセには理由があるし、落ち込まないクセを身につけると落ち込まないです。

 

この記事を見て、落ち込みグセの人は、立ち直り方を理解してください。

 

それではどうぞ!

ちょっとしたことで、落ち込む人の特徴

①. 気持ちの起伏が激しい

喜怒哀楽がある人は、人間味があり、好印象です。

 

しかし、気持ちの気持ちが激しい人は、自分自身の感情を抑え込むことが出来にくい、落ち込む時の落差が激しいです。

 

自分自身も疲れてしまいますし、周りの人にも激しい感情が伝わるためトラブルを引き起こします。

 

深呼吸をしたり、感情が冷静になるまで落ち着いてから行動に起こしましょう。

②. 完璧主義者

仕事を完璧にこなすことは大事なことです。

 

しかし過度に完璧を求めると、自分自身の失敗や他人のミスに対しても憤り、激しい言葉や追求をするため、トラブルになりかねません。

 

完璧主義者と思う人は、優しさを持つことや、許す勇気を持つと気持ちの落ち込みとトラブルにならないでしょう。

③. 考えこみすぎる

普段の仕事やプライベートの中で、何か問題があったことに、一喜一憂して考え込む人は多いです。

考えることで、解決すればいいですが、自分だけで解決できないことが、ほとんどです。

 

今、起きた現実に深く考え込んで、過去を振り返るより、未来をどうするかを考えて、少し前向きな発想に切り替えていきしょう

 

切り替えるためのオススメは、気分転換に本を読むこと、音楽を聞くこと、ウォーキングをすることなどです。

④. ネガティブ

そもそもの性格でネガティブ思考の人がいます。

ネガティブの人は、言い換えると、慎重にものごとを考え、行動する人が多いです

 

そのため、考え方を変えると、マイナスの要素ばかりではないです。

 

自分自身、ネガティブだなと思う人は、自分は慎重にものごと考えることができるとポジティブなこと考えてください

 

マイナスに1本線が入るとプラスになります。

ネガティブ思考を楽しみましょう!

⑤. 人に相談できない

あなたの周りに相談できる人はいますか?

プライベートで何かあった時、仕事で何かあった時など、人に相談できていますか?

 

家族や同僚、上司や信頼できる仲間など、今いないと思う人は、冷静になって、周りを見渡しましょう。

 

相談できない人は、少しの勇気で相談してみましょう。

自分で抱え込まないようにしましょう。

 

本気で相談すると必ず相談にのってくれます。

ちょっとしたことで落ち込まない具体的な方法

①無理をしない

あらゆる物事に仕事をしていると直面します。

残業で毎日遅かったり、仕事の内容が膨大だったり、こういう時に失敗を起こしやすくなります。

 

この時は、周りの人の協力を得たり、仕事を引き受ける量を減らし、無理しないようにしましょう。

 

失敗やミスがある前の事前防止です。

 

最善の注意を払って無理のない、状況を作りましょう

②失敗は成功の元と考える

失敗やミスがあったら自分自身の成長の糧と捉えましょう。

 

行動して、失敗したら、なぜ失敗にしたのかを考えて、次に失敗しないためにどうするのか?考えましょう。

 

このPDCAの繰り返しが成功へのスキルです。

 

ちなみにPDCAサイクルですが、

P=Plan (計画)

D=Do (実行)

C=Check (評価)

A=Action(改善)

サイクルを繰返し行うことで、継続的な業務の改善と繋がります。

③起こった現実に感謝する

ちょっとしたことで落ち込まない人は、起きたことに対しての現実に感謝します。

 

少しドMにもみえますが、自分にとってマイナスの出来事も全てプラスに考え、前向きに捉えます。

 

考え方次第で、ここまで考えが変わるので、考え方は大事です。

④信頼できる人に相談する

常日頃から、信頼できる人を見つけましょう

友達、家族、会社の同僚、趣味の仲間など周りを見渡しましょう。

 

どうしてもいない場合は、本を読んだり、WEBで調べたり、民間の相談窓口もあります。

 

あなたのために、助けてくれるところは多く存在しますので、自分で抱え込まないようにしましょう!

⑤異動や退職を考える

どうしても、今の仕事から抜け出したい場合は、異動や退職も視野に入れてもいいと思います。

 

環境をかえるために、異動や転職をして、前向きになれたという人も多くいますし、今はウェブなどで仕事先も容易に探せます。

 

本気で転職を考えていない人でも、転職サイトなどを通して、自分の価値を確認する人も多いです。

 

落ち込みすぎないように、明るい未来を考えていきましょう。

まとめ

結論、落ち込みグセのある人は、落ち込まない方法を理解して立ち直りを早くする必要があります。

 

誰でも、落ち込むことがありますが、立ち直りのスピードが速いか遅いかで全然違います。

 

すぐ立ち直る癖をつけていきましょう!

 

改めて

①無理をしない

②失敗は成功の元と考える

③起こった現実に感謝する

④信頼できる人に相談する

⑤異動や退職を考える

ちょっとしたことで、落ち込むことは、マイナスばかりではありません。

考えているから、落ち込むことがあるのです。

 

これは自分自身の成長のため、プラスの要素です。

 

落ち込んだら、勉強したなと思って前向きに捉えて、人生を楽しみましょう!

 

この記事のワードプレステーマ

最新情報をチェックしよう!
 data-src=最強のWordPressテーマ「THE THOR」" width="1280" height="768" >

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

ブログ×本業を継続することで、どんな頂きが見えるか挑戦していくため、選んだWordPressテーマ【THE THOR】ザトール! ブログ島「ショトウ」が推薦する継続のための最高のテーマ。 テーマに悩んでいる人は、ブログを最高に楽しむためにつかってみて!詳細は下記のリンクから。

CTR IMG