【仕事を楽しむ人の共通点】いつも自分を律している人の方法5選

ショトウ
コメント自分を律することができると人生をより良く生きることができます。

私自身、仕事で悩み、苦しみを味わう中で、仕事とは何か?人生とは何か?本気で考えました。

どうしたら仕事が楽しくなるのだろうか?

 

仕事をする中で、楽しい人の観察をはじめて、共通点が見つかりました。

 

仕事とは、人生の中で、切っても切れない関係です。

一部のお金持ち以外は・・・。

 

今回の結論、【仕事が楽しい人の特徴】いつも自分を律している人の方法5選をお伝えします。

 

ところで律するの意味は?

律するの意味

・自分に厳しくしている

・毅然としている

 

自分を律していない人の特徴

なにもしない

逃げ癖がある

不安をもっている

気が散りやすい

感情をコントロールできない

①なにもしない

目の前でなにか起きたとしても、無関心でなにも考えず行動しないことは、人から評価もされませんが、信用もされません

 

自分に甘く、挑戦もしないようでは、仕事が楽しくあるはずもありません

 

何もしない思考停止の状態から、挑戦する意識ことだったり、考えて行動しましょう。

②逃げ癖がある

私の20代の頃は逃げ癖が習慣化していました。

 

営業職で働いてる私は、成績が振るわない時には、会社のせい、周りのせいと、人のせいにしていました。

 

ひどい時には、1週間会社を、休んだこともありました。

今振り返ると、逃げ癖がついていたのだと思います。

 

会社に行きたくない、嫌いな上司と会いたくない。

そういうことは、ありませんか?

 

その時の、私の行動は、きまって転職サイトを見ていました。

 

結果的に、転職は、踏みとどまりましたが、2年に1回の周期で続きました。

助けてくれたのは、周りの仲間の存在でした。

 

20代の頃は、特に悩むこともありますし、逃げたいこともあるでしょう。

1人で悩まず、信頼できる仲間や家族に、相談しましょう。

 

私は、相談で解決しました。

 

どうしても、解決できない場合は、他にも仕事を探せばあります。

転職サイトへの相談だけでも、しておくと気持ちも落ち着きます

 

でも、常にみることはやめましょう。

逃げ癖が加速します。

 

私は、その時、転職は踏みとどまりましたが、他の会社に採用してもらっていました。

結果的にその会社には、断ったのですが・・・。

 

申し訳ないことをしたと思います。

 

ただ、こういう経験も必要だと思います。

 

1人で考え込まないようにしていきましょう。

③不安をもっている

人は何かしらの不安を持っています。

人間関係のこと、人からの評価のこと、お金のこと、プライベートのこと。

 

探せばたくさん出てくることでしょう。

でも、考えすぎても何も変わりません

 

楽観的になれ」とまで、いいませんが、不安なことばかりを考えていると、ネガティブ思考がうまれます。

 

解決できることは、1つからでいいです。

不安と思うことを、メモにかき出して、解決していきましょう。

 

1つ不安が減ることで、気持ちが楽になります。

減っていくばかりでなく、増えてもいくんですけどね。

 

解決すると、解決能力もつきます。

ポジティブに捉えていきましょう。

④気が散りやすい

仕事での不安を多く抱えていると、気が散りやすく、結果的に何も進んでいないことはありませんが?

 

このときは、しないといけないことを、スマホのメモやポストイットにかき出しましょう。

 

頭のなかでは、いっぱいのことでも、メモすると、「こんなものか」と感じるでしょう。

 

1つずつ解決して、頭のなかの考えごとを減らしましょう。

⑤感情をコントロールできない

なにかあったら、周りに当たり散らすことはありませんか?

私の20代の頃は、そうでした。

 

仕事での不満、家庭での不満、なにかあったら周りに当たっていました。

 

人と仲が悪くなったり、良かれと思って言ったことも悪いように捉えられ、トラブルになったりしました。

その時の私は、自分に甘い、人に厳しい思考でした。

 

反省しましたし、直さないといけないと思いました。

その時から、人への感謝の意識を持つことに決めました。

 

感謝の気持ちをもつことで、なにかしてくれた時には、「ありがとう」と言葉をかけることができました。

 

当たりまえのことですが、当たりまえことが、出来ていない人は多いです。

 

感謝の気持ちを持つと人生が変わります。

いつも自分を律している人の具体的な方法5選

自分を律している具体的な方法5選

①仕事が円滑に進む

②知識を活用している

③ムダなものを省く

④スケジュール管理ができる

⑤身だしなみを常にきちんとしている

①仕事が円滑に進む

自分の芯がしっかりしているため、良い悪いの判断をすることが上手です。

経験も大事ですが、毎日の習慣で変えれます

 

仕事がたまっている人やうまくいっていない人は、行動を変えるしかありません

 

朝習慣を身につけ、出勤を早くし、大事な仕事は終わらせる

自分の仕事の許容度を理解し、できないことを全て引き受けないことを実践する。

 

新人のうちは、頼まれることを全て引き受けがちですが、全部引き受けるのは、仕事をためてしまう原因です。

 

対応できる、6割程度と決めておきましょう。

②知識を活用している

本を読みましょう!

どんなことが、起きても読書習慣を身につけておくと、ものごとの捉え方がスムーズにいきます。

 

自分を律している人は、読書習慣を身につけています。

 

知識があるからこそ、律することの必要性を知っています。

 

読書習慣を身につけましょう。

③ムダなものを省く

デスクは綺麗に整理整頓されていますか?

仕事ができない、律していない人は、整理整頓が苦手です。

 

整理整頓ができていない人は、ここからはじめましょう。

 

不必要なものは捨てる。並んでいないものは並べる。

 

ムダなものが、整理されることで、仕事もミスなく進めることができます。

④スケジュール管理ができる

スケジュール管理はできていますか?

毎日残業や仕事に追われていませんか?

急な仕事でも対応できる管理が出来ていますか?

 

スケジュール管理の大事さは、分かっていると思います。

でも、やれていない人が多いです。

 

仕事が終わって、自宅に変える前、会社について、仕事をする前、どちらでもいいです。

 

必ず、1日なにをするかのTODOリストを作成し行動してください。

TODOリストとは・・・

効率的に仕事を管理することができる

例えば

今日やるべきことなど。

私は1日何をするか、明確になるようにポストイット(付箋)に書いています。

⑤みだしなみが常にきちんとできている

社会人は、身だしなみに気をつけることが、大事です。

気をつけるべき身だしなみ

①髪が整えられているか?

②洋服やシャツのシワはないか?

③爪はきられているか?

④ネクタイは曲がっていないか?

⑤靴は磨かれているか?

ここに出したのは一部です。

人は見た目が8割とも言われます。

 

見た目で人に良い印象を与えるか、与えないかはあなたの身だしなみ1つです。

 

できていない人は、見直しましょう

まとめ

今回の結論、【仕事を楽しむ人の共通点】いつも自分を律している人5選をまてめました。

改めて

自分を律している具体的な方法5選

①仕事が円滑に進む

②知識を活用している

③ムダなものを省く

④スケジュール管理ができる

⑤身だしなみを常にきちんとしている

自分を律している人の特徴は、仕事とプライベートのオンオフが上手な人が多いです。

 

仕事の時は、しっかり取り組み、プライベートは遊びや、休養したり、充実させています。

 

今、上手くいってないと思っている人は、今からでも遅くありません。

今からでも変われます

 

【人生を変える】と思った時が、変わる時です。

一緒に変えていきましょう。

 

この記事のワードプレステーマ

最新情報をチェックしよう!
 data-src=最強のWordPressテーマ「THE THOR」" width="1280" height="768" >

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

ブログ×本業を継続することで、どんな頂きが見えるか挑戦していくため、選んだWordPressテーマ【THE THOR】ザトール! ブログ島「ショトウ」が推薦する継続のための最高のテーマ。 テーマに悩んでいる人は、ブログを最高に楽しむためにつかってみて!詳細は下記のリンクから。

CTR IMG