仕事を続けるメリット・デメリット【19年継続】した筆者が語る。

ショトウ
本業の仕事を辞めることなく19年続けてきました。続けることで、メリット・デメリットを体感してきたので、紹介します。

 

仕事を始めて19年になります。

現在38歳なので、社会人を19歳からスタートして、人生の半分になりました。

 

この記事では、19年間同じ仕事を継続してメリット・デメリットを紹介しています。

•仕事しようか迷っている

•これから仕事を始める

•仕事に生きがいを感じない

このような悩みを持っているあなたに伝えたい内容です。

 

同じ仕事を19年続けているので、最近では周りからはベテランになってきたね。とよく言われます。

 

下の表では、1976年〜2019年までの日本の平均勤続年数を調査された結果です。

 

※2020年、2021年はまだ情報として見つかりませんでした。

 

図13-1 平均勤続年数 1976~2019年

図13-1 グラフデータは「表 平均勤続年数(Excel)」を参照。

  参考:厚生労働省「賃金構造基本統計調査」

このような結果となりました。

 

見ていただいて分かるように2019年時点、男性(一般労働者)の平均勤続年数は14年程。

 

2020年・2021年は新型コロナウイルスの影響で、失業率の上昇は免れないので2019年をピークに下げ止まりになる傾向だと思います。※ここは予測なので、今後の傾向を注視します。

 

このデータから分かるように、現在15年以上同じ会社で働いていることは、平均以上の継続となります。

 

2021年現在、世の中では働きたくても働けない人たちも多くいますし、仕事の規模の縮小も余儀なくされています。

また別に、コロナウイルスを良い機会と捉え、転職を考えている人、転職を実践した人がいます。

 

私自身もこの状況下で仕事に影響があり、このまま続けていいのだろうか?と迷うこともありましたが、結果今の仕事や会社に不満やリストラがないので、継続する道を選びました。

 

それでは、19年同じ会社を続けていて、良かったこと、悪かったことをまとめましたので、紹介します!

長くお仕事を続けてきたメリット

長く仕事を続けることのメリット

①スキルアップができる

②昇級・昇進ができる

③仕事時間を自分時間で進めることができる

④やりたいことの実現が可能となる

⑤社内での人間関係の幅が利く

私が、継続して仕事を続けてきたメリットは5つです。

①スキルアップができる

1つの分野で継続することで、自分しかできないことや権威性も生まれ、価値や実力が備わってきます。

 

特に、後輩指導に対しては、存在を発揮し、業界では分からないことがないぐらいスキルを磨けます。

 

ただし、常に進化を求められる業種も多くありますので、勉強や吸収するアンテナがないとすぐに取り残されてしまいます。

 

スキルアップをすることで、社内での存在感を示すことができます。

②昇級・昇進ができる

現在、私は管理職として、人材育成の立場で仕事をしています。

 

社内の風潮としては、昇級・昇進を繰り返し、給与面や職位が上がり、モチベーションアップにも繋がります。

 

実際、昇級・昇進を経験して仕事の幅も増え、やることも多様にできることが可能です。

 

ただし、今の現状で満足するようなら昇級・昇進は少し向いていないかもしれません。

ここは自分にあったペースで、人事担当者に相談してほうがいいでしょう。

③仕事時間を自分時間で進めることができる

仕事の幅が拡がっていくと、1日のスケジュールを自分で調整ができる職場が増えてきます

 

クライアントとの打ち合わせ、取引会社との打ち合わせあらゆる仕事を主導で進めることができるので、予定が立てやすくなります。

 

人に流されず、自分のペースで仕事を進めたい人は、長く続けることはメリットになります。

④やりたいことの実現が可能となる

仕事を長く続けていくと、任されることも多くでてくることで、自ら考えて行動することが増えてきます。

 

これは、自らの成長と自分の考えたことを社内で試すことができるチャンスです。

成功もあれば失敗も多く経験することもあるでしょう。

 

でも失敗することで、成長することもできるので、自主的に仕事ができることは、仕事がより楽しくなるきっかけとなることでしょう。

⑤社内での人間関係の幅が利く

従業員が特に多い会社になると、仕事で会う機会も増え、人間関係構築ができ、多くの人との出会いの中で教わることも増えるの教養にもなりますし、長くなればなるほど、周りからも一目置かれます。

 

コミュニケーション能力が高い人は特に、周りの協力を得れる機会も増えますし、手助けもしてもらうことが出来てきます。

 

私も幾度となく、先輩や仲間に助けられて、周りに生かされています。

長く仕事を続けてきたデメリット

長く仕事を続けてきたデメリット

①1つの分野のことしか分からない②仕事に対してマンネリ感がでてしまう

私が継続して仕事を続けてきたデメリットは2つです。

①1つの分野のことしか分からない

勤続年数が長くなると、1つの分野に特化して知ることになりますが、逆をいうと他の分野の仕事は分からないということがあります。

 

ただし、現在は副業解禁の会社も増え、1つの会社に囚われな生き方をしている人が増えてきました。

 

私も、1つの分野だけでなく、ファイナンシャルプランナーの資格取得や副業もしています。

 

そうすることで、今の本業を適度にこなし、別分野で行動していくことで1つの分野しか知らないということがなくなります。

②仕事に対してマンネリ感がでてしまう

同じ仕事を繰り返していくと、飽きができてしまい仕事が楽しくなかったり、退屈に思うこともあります。

 

私も同じ仕事を経験する中で、これまで3度ほどこのような状況に陥りました。

 

この時にどのように乗り越えるかが、継続できるコツとも言えるでしょう。

 

私は、1度目は転勤、2度目は部署移動、3度目は副業で乗り越えました。

環境を変える、別のことを考えることで、今の仕事にありがたみも感じます。

 

仕事にマンネリが出た時は、自ら行動して違う空気を吸ってみましょう!

まとめ

人それぞれ、仕事を続けるか、転職をするべき迷うことがあると思いますが、私の結論として続けてきて良かったというのが結論です。

 

継続してきたことで、中小企業ですが管理職として出世もすることも出来ましたし、スキルも磨くことが出来ました。

 

仕事の時間もある程度、自分でコントロールできるため、ブログ執筆の時間も十分に確保できます。

現在は、副業のブームもきています。

 

仕事を続けていることで、本業も大事に継続し、副業も自分のペースで進められます。

 

仕事を続けるか転職するかで迷っている人がいたら少しでも参考になれば嬉しいです。

 

今後は、他の会社から転職をして私が、指導している人も多くおりますので、転職体験談などもお伝えできればと思います。

 

この記事のワードプレステーマ

最新情報をチェックしよう!
 data-src=最強のWordPressテーマ「THE THOR」" width="1280" height="768" >

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

ブログ×本業を継続することで、どんな頂きが見えるか挑戦していくため、選んだWordPressテーマ【THE THOR】ザトール! ブログ島「ショトウ」が推薦する継続のための最高のテーマ。 テーマに悩んでいる人は、ブログを最高に楽しむためにつかってみて!詳細は下記のリンクから。

CTR IMG