【老後資金が不安な方必見!】老後の資金計画をたてる際の6つの係数

  • 2021年3月30日
  • 2021年9月23日
  • 仕事術

 
ショトウ
老後資金が不安な方は、老後の資金計画を立てる際の6つの係数を理解すると、老後の不安が軽減されます。
 
私自身、老後の資金計画を学ぶために、FP3級の試験を受けて、合格することができました。
 
そんな私が老後資金の不安を解消できるように、老後資金計画を立てる上で、必要な6つの係数を紹介します。

 

人によって老後の計画を立てる上で現在の状況やライフプランが違います。

 

今回は、非常に分かりにくい資金計画をできるだけ分かりやすく種類や計算方法を記述してみました。

 

ライフイベントである、3大必要資金である老後資金、教育資金、マイホーム資金を準備するために必要な計算方法を紹介します。

 

この記事を見ることで、「現在の金額を複利で運用した場合の一定期間後の金額」や「数年後に一定金額に達するために、毎年積み立てる金額」が分かります。

 

資金計画を立てる際の6つの係数を用いて計算します。

 

それではどうぞ!

資金計画を立てる際の6つの係数

① 終価係数(しゅうかけいすう)

② 現価係数(げんかけいすう)

③ 年金終価係数(ねんきんしゅうかけいすう)

④ 減債基金係数(げんさいききんけいすう)

⑤ 資本回収係数(しほんかいしゅうけいすう)

⑥ 年金現価係数(ねんきんげんかけいすう)

こちらは資金計画を立てる際の6つの係数です。


利率
係数
1%2%3%4%5%
① 終価係数1.05101.10411.15931.21671.2763
② 現価係数

0.9515

0.90570.86260.82190.7835
③ 年金終価係数5.10105.20405.30915.41635.5256
④ 減債基金係数

0.1960

0.19220.18840.18460.1810
⑤ 資本回収係数0.20600.21220.21840.22460.2310
⑥ 年金原価係数4.85344.71354.57974.45184.3295
期間5年の場合の計数表

① 終価係数(しゅうかけいすう)

現在の金額を複利で運用した場合の、一定期間後の金額を求める場合に用いる係数。

 

例えば、100万円を年利2%で運用した場合の5年後の金額はいくらか?

 

この答えは・・・?


5年後の金額は1,000,000円×1.1041=1,104,100円となります。

というイメージの計算方法です。

② 現価係数(げんかけいすう)

一定期間後に一定金額に達するために必要な元本を求める場合に用いる係数。

 

例えば、年利2%で5年後に100万円を用意するためには、元本はいくら必要?

 

この答えは・・・?


元本は1,000,000円×0.9057=905,700円となります。

 

というイメージの計算方法です。

③ 年金終価係数(ねんきんしゅうかけいすう)

毎年一定金額を積み立てた場合の、一定期間後の元利合計を求める場合に用いる係数。

 

例えば、年利2%、毎年20万円を5年間積み立てた場合の5年後の金はいくらか?

 

この答えは・・・?


5年後は2,000,000×5.2040=1,040,800となります。

 

というイメージになります。

④ 減債基金係数(げんさいききんけいすう)

一定期間後に一定金額を用意するための、毎年の積立額を計算するための係数。

 

例えば、年利2%、5年後に100万円を用意するためには、毎年いくら積み立てる必要があるか?

 

この答えは・・・?


毎年の積立額は1,000,000円×0.1922=192,200となります。

 

というイメージとなります。

⑤ 資本回収係数(しほんかいしゅうけいすう)

現在の一定金額を一定期間で取り崩した場合の、毎年の受取額を計算するための係数。

 

例えば、100万円を年利2%で運用しながら5年間で取り崩した場合の毎年の受取額はいくらか?

 

この答えは・・・?


毎年の受取額は1,000,000円×0.2122=212,200円となります。

 

というイメージとなります。

⑥ 年金現価係数(ねんきんげんかけいすう)

将来の一定期間にわたって一定額を受け取るために必要な元本を計算するための係数。

 

例えば、5年間にわたって20万円ずつ受け取る場合、年利が2%のとき、必要な元本はいくらか?

 

この答えは・・・?


必要な元本は200,000円×4.7135=942,700円となります。

 

というイメージとなります。

 

今回の記事は、滝澤ななみさんの2020−2021年版みんなが欲しかった!FPの教科書3級を参照させていただいております。(2020年10月現在)

まとめ

資産計画を立てる際、人によって目標や目的は多種多様です。

 

今回紹介した6つの資金計画を改めて紹介します。

 

資金計画の係数

① 終価係数

② 現価係数

③ 年金終価係数

④ 減債基金係数

⑤ 資本回収係数

⑥ 年金現価係数

 

資金計画を立てるさい「現在の金額を複利で運用した場合の一定期間後の金額」や「数年後に一定金額に達するために、毎年積み立てるべき金額」を計算し今後の資金計画の参考になれば幸いです。

 
本記事のワードプレステーマ

最新情報をチェックしよう!
 data-src=最強のWordPressテーマ「THE THOR」" width="1280" height="768" >

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

ブログ×本業を継続することで、どんな頂きが見えるか挑戦していくため、選んだWordPressテーマ【THE THOR】ザトール! ブログ島「ショトウ」が推薦する継続のための最高のテーマ。 テーマに悩んでいる人は、ブログを最高に楽しむためにつかってみて!詳細は下記のリンクから。

CTR IMG