THE THOR(ザ・トール)【簡単】ショートコードの取扱説明書!

  • 2021年9月3日
  • 2021年9月23日
  • THE THOR
ショトウ
THE THORのカスタマイズ「ショートコード」を紹介しています。
• THE THORのショートコードの場所を知りたい
• THE THORのショートコードの使い方を知りたい
この記事では、そんなあなたに書いています。

THE THORのシュートコードを使い慣れると、記事の品質が上がります。

多機能すぎて、使うときに難しいと感じるかもしれませんが、慣れると使いたくなる「ショートコード」ばかりなので紹介していきます。

①THE THOR ショートコードの場所はどこ?

②THE THOR ショートコード一覧

③THE THOR ショートコードの使い方

④まとめ

①THE THOR ショートコードの場所はどこ?

こちらは、クラシックエディターの画面です。

エディターショートコード「▼」をクリックするとプルダウンで下の項目で表示されます。

手順は・・・

①ショートコードをクリック

②「▼」をクリック

③使用したい項目をクリック

ショトウ
ここからはショートコードの一覧を紹介していきます。

②THE THOR ショートコード一覧

THE THORの設置されている「ショートコード」は12個です。

一覧にまとめましたので、どんな項目があるか確認していきましょう!

• 目次

• 記事内広告

• カテゴリ指定記事(新着記事)

• カテゴリ指定記事(ランダム順)

• カテゴリ指定記事(ランク順)

• ブログカード(外部サイトリンク)

• サイトカード(内部記事リンク)

• カスタムメニュー

• 年指定

• 月指定

• 日指定

• スターリスト

ショトウ
全12種類です。ここから1つずつ使い方を解説していきます。

③THE THOR ショートコードの使い方

THE THOR ショートコード 「目次」

1記事の文字数は、3,000文字から多い時は5,000文字程度にのぼります。

読み手の読者は退屈だと思ったら、すぐに離脱してしまいます。

「目次」を挿入することで、自分が見たいところに飛んで閲覧することもできますし、記事のあらすじが分かりやすくなります。
目次へのアクセス

○ 投稿記事 ⇨ ショートコード ⇨ 目次

 

①目次を設置したい場所に、前向き文章と見出し1もしくは2の前に設置すると見やすくなるなります。
②ショートコードをクリックして「目次」を開きます。

③「目次」をクリックすると[outline]の表記が現れます。

ショトウ
イメージは、この記事の内容に「目次」を挿入すると、下記のようになります。

デフォルトでは閉じたままですが、「開く」にすると目次がでます。

ショトウ
次に「記事内広告」を紹介していきます。

記事内に広告を挿入したい時に、簡単に設置できるのが「記事内広告」です。

見出しの下の部分やまとめの下など自分の好きなところにカスタマイズできます。
「記事内広告」へのアクセス

○投稿記事 ⇨ ショートコード ⇨ 記事内広告

①記事内広告を設置したい場所を決めて入力する。

②記事の中に[adcode]というコードが入力されると挿入した広告が入ります。
ショトウ
[adcode]と入力が入ると記事内広告が挿入されます。
記事内広告
広告

ブログを作っていたら、人気の記事、読んでもらいたい記事があると時に便利な方法です。

カテゴリ指定記事一覧には「新着順」「ランダム順」「ランク1順」の3種類ありますので、まとめて紹介していきます。

 

THE THOR カテゴリ指定記事一覧「新着順」「ランダム順」「ランク順」

○投稿記事 ⇨ ショートコード ⇨ 「新着順」「ランダム順」「ランク順」

 

①カテゴリ指定記事一覧を設置したい場所を選ぶ

②カテゴリ指定記事一覧を「新着順」「ランダム順」「ランク順」から選ぶ

 

ショトウ
カテゴリ指定記事一覧の ショートコードのコード名は以下のとおりです。

 

「ショートコード名」

記事がありません。

記事がありません。

オフラインのためランキングが表示できません

カテゴリ指定記事の表示方法として、「新着順」「ランダム順」「ランク順」の3種類があります。

自分の好きなところに外部リンクを紹介したい時に使用します。

○投稿記事 ⇨ ショートコード ⇨ ブログカード(外部サイトリンク)

 

①ブログカード(外部サイトリンク)を設置したい場所を選ぶ
②[blogcard url=]のurl=の後に外部リンクのURLを入力する
THE THOR ブログカード(外部サイトリンク)
下の図のようにURL=のあとに外部リンクのURLを入力していきます。
ショトウ
実際に入力してみるとこんな感じで外部リンクの完成です。
note(ノート)

https://blogjima.com/ | ショトウ…

とても簡単で綺麗に仕上がります。

自分の好きな所に内部リンク記事をはりたい時に使用します。

○投稿記事 ⇨ショートコード ⇨ サイトカード(内部記事リンク)

 

①サイトカード(内部記事リンク)を設置したい場所を選ぶ

②[sitecard subtitle=関連記事 url =target= ]のtarget=のところに内部記事リンクのURLをはる

THE THOR サイトカード(内部記事リンク)
ショトウ
実際に内部リンクを入れるとこのようになります。
関連記事

ショトウ THE THORの内部リンクの設置方法を解説しています。 内部リンクとは、自分の作った記事と記事をつなぐ役割となります。 結論をいうと、収益を稼ぐためには、内部リンクを設置しないと稼ぎにくくなります。 なぜな[…]

自分の好きな場所にカスタムメニューを使いたい時に使用します。

○投稿記事 ⇨ ショートコード ⇨ カスタムメニュー

 

①カスタムメニューを貼りたい場所を選ぶ
②事前に作成したメニューのメニュー名を記入します。
THE THOR カスタムメニュー
ショトウ
私のカスタムメニュー設定を表記するとこちらになります。

自分の好きな場所に、現在の年月日を表示したい時に使用します。

○投稿記事 ⇨ ショートコード ⇨ 「年指定」「月指定」「日指定」を選ぶ

 

①「年指定」「月指定」「日指定」を設置したい場所を選ぶ

②number=0の(0の部分にに数字をいれる)

THE THOR ショートコード「年指定」「月指定」「日指定」

現在の年が「0」、去年は「−1」、来年は「1」で表示されることができます。

自分の好きな場所に、☆評価を表示したい時に使用します。

○投稿記事 ⇨ ショートコード ⇨ スターリスト

 

①スターリストを設置したい場所を選ぶ
②[star-list number=3.5]の3.5の部分に数値をいれる
THE THOR ショートコード スターリスト
ショトウ
数値を入力した場合、以下のようになります。

④まとめ

THE THORのショートコードを12個を紹介してきました。

ショートコードのカスタマイズを理解しないとTHE THORは使いこなすことができません。

なぜなら外部サイトリンク、内部記事リンクなど記事作成に欠かせないカスタマイズがひつようだからです。

 

ショートコードの使い方を学んでブログ執筆に生かしていきましょう。

 

この記事のワードプレステーマ

最新情報をチェックしよう!
 data-src=最強のWordPressテーマ「THE THOR」" width="1280" height="768" >

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

ブログ×本業を継続することで、どんな頂きが見えるか挑戦していくため、選んだWordPressテーマ【THE THOR】ザトール! ブログ島「ショトウ」が推薦する継続のための最高のテーマ。 テーマに悩んでいる人は、ブログを最高に楽しむためにつかってみて!詳細は下記のリンクから。

CTR IMG