初心者おすすめのワードプレステーマ詳しくはこちら

【文章力UP】Webライティング術を徹底解剖|【手順とポイント、注意点を解説】

相談者

ブログを始めたのですが、Webライティングの手順とポイントがわかりません!教えてもらえませんか?

ショトウ

ブログを始めたらWebライティングを知っておくことは必須なので、わかりやすく手順とポイントを解説していきます。

こんな悩みに答えていきます。

本記事の内容

・Webライティングとは何?

・Webライティングの良い文章とは?

・Webライティングの手順とポイント

・Webライティングの注意点

この記事を書く僕は、100記事以上書いてきたブログ歴10ヶ月のショトウ(blogjima_shoto)です。

本記事では、Webライティングの手順とポイント、注意点まで徹底解剖していきます。


Webライティングの基本知識を学んで、「最後まで読まれる文章」を書けるようにまとめました。ブログを書いたり、ライティングする方に必見の内容を散りばめたので参考にしてください!


本記事ではこんな悩みの方におすすめです。

・Webライティングを知りたい

・ライティングを上手くなりたい

・読まれるライティングテクニックを学びたい

結論からいうと、Webライティングを学ぶことで、読者に最後まで読んでもらえる文章に生まれ変わります。


これから文章を書いていきたい方にとっては、知っておくべき内容なので、Webライティングのテクニックを学んで文章のレベルを上げていきましょう!


それでは本編を始めたいと思います。

目次

Webライティングとは何?

Webライティングとは、「読者であるユーザーとGoogleやYahooなどの検索エンジンの両方に評価される」ライティング技術を指します。


Web媒体ではGoogleの検索エンジンが読みやすく、質が高いと評価された順番に表示されますし、ユーザーのニーズに応える文章にする必要があります。



また検索結果で上位表示を目指す対策を「SEO(検索エンジン最適化)」というので「SEOライティング」とも呼びますね。

ショトウ

簡単に言うと、「検索エンジン」と「読者」双方に分かりやすく、適切に評価されるライティング執筆技術のことを言います。



また検索結果で上位表示を適切に対策するため「SEO(検索エンジン最適化)」というので「SEOライティング」とも呼ばれますね。

WEBライティング執筆をマスターすることで、検索上位に表示され、読まれる記事となりアクセスが増えるので広告収入が見込めます。

Webライティングの良い文章とは?

Webライティングの良い文章ってなんでしょう?


ライティングで最高なのは「完読される文章が良い文章」と言えるでしょう!

完読される文章とは?

・シンプルで分かりやすい

・伝えたいことが明確になっている

・結論を先に伝える

・SEOを意識されている

シンプルで分かりやすい

Webライティングの良い文章とは、シンプルで分かりやすい文章であることです。


イメージとしては、小学生でも読める文章を作ってあげることで、誰でも簡単に読んでもらうことができます。

シンプルで分かりやすく書く2つの理由

①内容が伝わりやすくなる

②リズムが良くなる

いらない文章を削ぎ落とすことで、読者へのストレスを減らし、内容の理解度が高まります。


そのため、1文を短くすると「リズム感」が生まれます。


Web媒体の目的は、「ユーザーの悩みを解決すること」なので、削っても文章の意味が変わらない言葉は省略していきましょう

伝えたいことが明確になっている

良質な記事の作成には、伝えたいことを明確にする必要があります。


想定する読者が明確になることで、伝えたいことも明確になり文章も書きやすくなります。

伝えたいことを明確にする2つのメリット

①自分が書きたい内容がはっきりする

②検索エンジンに評価される

どんなに文章力が高くても中身(内容)が薄かったり想定読者にズレがあった場合、当然読まれることはありません。


Webライティングにおいて、読者に伝わりやすくするには想定読者「ターゲット」を詳しく設定することです。


どの程度詳しくターゲットを絞るかと言うと・・・


たったひとりにする。これに尽きます!


僕の場合はブログを始めて何もわからなかった、自分に向けて書くようにしています。

性別や年齢、読者の気持ち、記事に辿り着くまでの行動フローを具体的に想定し、記事を読んでほしい読者を明確にしていきます。

注意したいのは、想定読者「ターゲット」を明確にしないまま、記事を書き続けることです。

ショトウ

僕は、最初のブログは想定読者を絞れていなかったので、100以上無駄な記事を量産してしまいました。

伝えたいことが、明確になることで記事も書きやすくなり、伝わりやすい文章になります。

結論を先に伝える

伝わる文章には型があります。


文章の型を使えば、文章力に自信がない人でも、わかりやすい文章が書けるようになります。


文章のプロが使っているのは、PREP法です。

文章のプロが使っているPREP法とは?

P(Point)結論
R(Reason)理由
E(Example)具体例
P(Point)結論
ショトウ

PREP法は「結論を2度書く」から伝わりやすいです。

PREP法は、「結論を2度書く」「根拠を明確にして主張を裏付ける」ため、文章全体に説得力が生まれます。

SEOを意識されている

SEOを意識することは、タイトル、本文だけでなく「見出し」にも取り入れることです。

見出しに取り入れるメリット

①情報を理解しやすくなる

②必要な情報を読者が探しやすくなる

見出しに取り入れることで、ユーザーだけでなく、検索エンジンにコンテンツが把握しやすくなります。

検索エンジンに評価されることで、上位に表示されるため、多くのユーザー流入が増えてきます。

Webライティングの手順とポイント

Webライティングの手順は大きくわけて4段階です。


「全体の構成を考える」「記事を執筆する」「推敲(リライト)する」「記事を投稿(リリース)する」どれも大事な要素です。


その中でも、書く前の事前準備である「全体の構成を考える」がもっとも大事な要素です。

事前準備がしっかりしていると、記事の執筆、リライト、投稿と手順通りに上手く進んでいきます。

ショトウ

それではWebライティングを手順に沿って解説していきます!

①:全体の構成を考える

②:記事を執筆する

③:推敲(リライト)する

④:記事を投稿(リリース)する

①:全体の構成を考える

文章の構成で事前に考えることで大切なことは大きく2つです。ペルソナ設定と情報収集・整理です。

全体構成で考えること

①ペルソナ設定

②情報収集と整理

ペルソナ設定では具体的な「ターゲット」を決めて方向性を決めていきます。

ショトウ

僕のブログのペルソナは、ブログを始めたときの僕自身に向けて書いています。


もっと細かく言うと、この記事では「ブログ初心者でWebライティングを使って記事を書いていきたい人」に向けて書いています。


ペルソナを設定することで、誰に何を伝えたいのか明確になり伝わりやすり記事構成になります。



また記事を書く際には、自分の知識だけでなく、本や多くの情報から記事に適した情報収集と整理が必要です。


自分目線でなく、読者目線を常に意識して、読者の悩みを解決できる記事を目指しましょう!

②:記事を執筆する

構成が決まったら、いよいよ記事を書き始めます。


基本中の基本ですが、「誤字脱字」がないように気をつけていきましょう。


どんなに良い内容、良い記事になったとしても誤字脱字があると、読者はすぐに離脱してしまいます。


また記事を書くときは、①タイトル②見出し③本文と書いていくと記事が書きやすくなります。


ここでの注意点は、タイトル、見出し、本文が文章として繋がっているかを気にして書きましょう!


文章の繋がりが無くなることで、離脱を引き起こす原因となります。

③:推敲(リライト)する

記事を書き終えたら、必ず推敲(リライト)をしていきます。

推敲(リライト)で見るべき4つのポイント

①タイトル・見出し・本文が繋がっているか

②誤字脱字がないか

③分かりやすい文章になっているか

④悩みを解決できる内容になっているか

上記の4つのポイントは最低でも見ておきましょう!


推敲のポイントは、記事を書いて1時間以上あけて文章を見直すことです。


理由は、時間をあけることで、客観的に文章を読むことができるので、修正や改善ポイントを発見しやすくなります。


近くの第三者に読んでもらえない場合は、時間をおいて推敲(リライト)することをおすすめします。

④:記事を投稿(リリース)する

記事投稿の準備ができたら、記事をリリースしていきましょう。


ここで気をつけたいことは、投稿(リリース)する時間帯です。見られやすい時間帯を選択することをおすすめします。

見られやすい時間帯

①朝7時〜9時

②正午

③夜19時〜22時

ここまできたら記事を見てもらえる時間帯を押さえ、ペルソナに合わせて投稿する時間設定をしましょう。


スマホやパソコン、最近ではSNSからの流入で記事の閲覧を増やすことに成功している人もいます。


せっかく書いた記事ですので、アクティブユーザーが見る時間帯に投稿していきましょう!

Webライティングの注意点

注意点①:1文の長さの目安は40文字程度

注意点②:分かりやすく簡単な言葉を使う

注意点③:他のサイトのコピペをしない

注意点:①1分の長さの目安は60文字以内

伝わる文章とは、シンプルで1文の文字数が短い文章です。


「1文」が短くなれば、「文章」もおのずとシンプルになります。


文字数を数えなくても、「ワンセンテンス・ワンメッセージ」を心がけると、文は自然と短くなります。

ワンセンテンス・ワンメッセージとは?

センテンスとは、「文」のこと。ひとつの文に入れる内容をひとつに絞ると、「一読で理解できる文」になる。

注意すべきこともあるので紹介しておきます。

1文の中に複数の情報が盛り込まれている、1文が短くてもわかりにくくなります。

注意点:②分かりやすく簡単な言葉を使う

キーワードによって専門用語や難しい言葉になることもありますが、伝わる文章とは分かりやすく簡単な言葉です。


読んでもらう想定読者を常に意識して、「ターゲット」に伝わるかどうかを大事にしていきましょう!


読者によっては、専門用語や難しい言葉も好まれることもあります。


読んでもらえる想定読者を明確にし、伝わりやすい言葉を柔軟に選んで対応してきましょう!

ショトウ

分かりやすく簡単な言葉を使っていきましょう!

注意点:③他のサイトのコピペをしない

記事を書くにあたり多くの情報を収集しておく必要があります。


ここで注意しておくことが、他のサイトのコピペをしないことです。


網羅性を重視するあまりコピペをしてしまうとサイトの閉鎖やペナルティを科されることもあります。



ユーザーや検索エンジンにとっても重複記事というのは、評価が下がり、結果読まれない・読まれにくくなります。

まとめ:Webライティング術を学んで、最後まで読まれる文章を書こう!

今回は、Webライティングの手順とポイント、注意点について解説してきました。


結論を言うと、Webライティングを学ぶことで最後まで読んでもらえる文章に生まれ変わります。

Webライティングのまとめ

①Webライティングの良い文章は完読される文章。

完読される文章とは?
◇シンプルで分かりやすい
◇伝えたいことが明確になっている
◇結論を先に伝える
◇SEOが意識されている

②Webライティングの手順とポイント
◇全体の構成を考える
◇記事を執筆する
◇推敲(リライト)する
◇記事を投稿(リリース)する

③Webライティングの注意点
◇1文の長さの目安は40文字程度
◇分かりやすく簡単な言葉を使う
◇他のサイトのコピペをしない

最初はなかなか慣れないと思いますが、初心者には押さえておくべき基礎となるので、覚えていきましょう!


結局のところ、「文章の型」を覚えることで早い段階でプロ並みの文章を書けるようになります。

ショトウ

文章をとにかく書いて、型を覚え、読者と検索エンジン双方に評価される記事を量産していきましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ショトウのアバター ショトウ ブログ運営者

初心者向けにブログの始め方を紹介しています。
【継続は人生を変える】ブログ始め方×ノウハウ発信│ 副業:ブロガー│本職:マーケティング責任者&営業責任者│ブログ収益5桁 ➡米国株投資│ブログ&Twitterを継続してノウハウをお届け│

コメント

コメントする

目次
閉じる